2016年7月31日日曜日

サンタモニカの最強居酒屋 TAKUMA(拓)!


サンタモニカでここ数年前にオープンしたばかりの拓(TAKUMA)に突入!
コンセプトはJapanese Izakaya。
平日にもかかわらず満席で忙しそうでした。


ウィルシャーブルバード(Wilshire Blvd)に面した場所で見つけやすく店内の雰囲気も良い。



メニューは英語に加え日本語でも書かれているので観光客でも安心。

アメリカなのに日本と同じかそれ以上においしい日本食や酒のつまみかいっぱい!


日本酒、カクテル、ビールと多くの種類のお酒が置いてあり、獺祭もある。


今LAでブームのマグロのポキ!日本酒と相性最高。

和ナスの煮びたし(Marinated Japanese Eggplant)が最高に旨い。


白菜のカレーサラダ(Curry Nappa Cabbage Salad)
カレー風味のビーンズが入っていて病みつきになる味!

最後にご飯ものやソバがあり、トロロおくらそばがチョー最高。


店内も暗めで雰囲気の良い店。
お客様もほぼローカルの方ばかり。

やはりデザートは自家製ティラミス。

拓のパンナコッタは最強に旨い。
サンタモニカに来たら是非一度は食すべし。

サンタモニカプロムナードから車で5分くらいの場所で
アクセスしやすく
毎週でも行きたくなるお店。

LAで今のところ一番といってもよい最強居酒屋でした。

Takuma

Bing Local
(310) 586-7469











2016年7月26日火曜日

LAのコリアンタウンでBBQはここ!

ロサンゼルスでも巨大なタウンがコリアンタウン!

お店に入っても英語でなく韓国語で話しかけられることが多く(日本人も韓国人にのか?)
その理由はLAの韓国街は巨大で英語をしゃべらなくても韓国語だけで生活できちゃうからだろう。

今回訪れたKOREAN BBQは
Jjukku Jjukku BBQ(ジュクジュク)という名前。

単品でもオーダーできるが大抵コリアンBBQは食べ放題でもオーダーが主流でお得。
安くで目玉の牛タンとショートリブが格別においしい。

また最近人気のコリアンビールKloudもコリアンビールはライトなテイストが多いが結構ドライで日本人には飲みやすいビール。


 まずは牛タンとショートリブを早速オーダー。
かなりの量でくるのですべてハーフサイズ、
もしくはさらにスモールのサイズでオーダーするのをお勧め!

プランBが色々な種類の商品が頼めて安く無難では。

店内も広く、そこまで混んでないので並ぶこともなく穴場。

Marinated Beef Short Rib(ショートリブ)これがお勧めで最高に旨い。

コリアンタウンのBBQはタレがそこまでおいしくないが、このリブに関しては
味付けがされていておいしい。

また牛タンもセサミオイルにシーソルト、レモンをもらえるのでそれをつけて
食べると最高!

Steamed Egg

定員さんが日本人に人気といわれてので頼んでみた。
結構いけるしおいしい。

まだまだいっぱい食べどころのあるコリアンタウン。
その一つとして定番のBBQはここだ。

所在地3377 Wilshire Blvd, Los Angeles, CA 90010

2016年7月24日日曜日

LAで定番の山火事だー!

ロサンゼルスで定番の出来事が山火事。

空が妙に赤く雲に覆われているなあーと思ったら、
外を歩くとが飛んでいる。

自分が住んでいる場所から30マイルくらい離れているSanta Clarita(サンタクラリータ)という場所。

ワイルドライフパークという場所で出火、Canyon Countryの山が燃えているらしい。

 太陽が赤く。山火事の影響でいつも日差しでまぶしいLAも
今日は雲に覆われている。



雨も降らず乾燥している気候のため、山火事が年に3回はあるロサンゼルス。

今日は空気も悪いので外出しないで家でゆっくりの日だなー。

ただでさえ暑い日に山火事で外はさらに熱いよー。

LAで山火事は頻繁に起きるが早く収まってもらいたい今日この頃ですー。



2016年7月19日火曜日

アメリカLAから日本の学校に体験入学!

アメリカでの夏休みいかがお過ごしでしょうか?

アメリカの学校が6月中旬から夏休み!

7月上旬に自分の故郷である北海道に一時帰国し

子供を日本の小学校に

終業式まで3週間ほど通わせることにしました。

今年日本行きのチケットが安く、アメリカでのサマーキャンプに通うより日本
に滞在するのとで同じくらいの費用がかかるので、いっそのこと日本の実家に帰り、
自分が通っていた小学校に娘が3年生、息子が1年生に転校生のような形で
受け入れていただき
校長先生も優しく、担当の先生も学校の案内からトイレの場所、下駄箱、教室の机の場所
などを細かく教えてくれます。
いざ
学校がスタート。


そこでアメリカと日本の学校の違いで、

子供たちの反応はというと?


1、まず初日は車で同行しましたが、翌日から学校まで友達が家まで迎えに来てくれ、
 歩いて登校!

 アメリカではありえない親と一緒にいないで子供だけで歩いて外に出るということに
 まず子供たちが興奮!!
 アメリカで育ててきた子供を持つ親からしてみれば心配で仕方がなかったです。

2、給食がおいしすぎる! 特に北海道旭川の小学校の給食はアメリカLAでの弁当、
またはランチと違い、みんなで食べるし素材もよくそのおいしさに感動してました。

3、皆に囲まれて色々な学校での事を教えてくれ、また多くの質問が飛び交い
ちょっとしたスターな気分になれてるみたいです。

4、日本語が勝手に上達し日々多くの日本語のボキャブラリーが増えているのが
見て取れる。

5、帰りも歩いて帰ってくるので家に着いたとき子供たちの「ただいまー」が新鮮に聞こえる。

6、宿題が終わったら近くの公園に友達と子供たちだけで遊びに行けるので、早く集中して
宿題に学校から帰ってきてすぐに取り組んでくれる。

一番は日本語が上達し、友達も増え、日本の文化、学校の仕組み、違いを経験
させることができるのでよかってと思う。

なんせ自分の両親が孫と過ごせるのも利点!

アメリカでは経験できない日本の学校体験はすごく子供にとっても価値のある事
になるだろうと思う今日この頃ですー。