2016年5月5日木曜日

アメリカで殺人アメーバーの危険に注意!

今日の朝ニュースを見ていたら一つの事件に驚いた。

海外発!Breaking Newsー恐怖の“殺人アメーバ” 24歳女性、リゾート地から帰宅8日後に脳死(米)

という見出しのニュースで具体的に起きた内容は

アウトドアスポーツが大好きなケルシー・マクレインさんは昨年8月、
米コロラド川沿岸のリゾート地であるフィッシャーズ・ランディングで
24歳の誕生日を迎えた。彼女は水上スキーや釣りなどの
ウォーターアクティビティを存分に楽しんだ後、
自宅に戻って数日後、ケルシーさんはひどい頭痛に襲われたという。
医師に薬を処方してもらうが全く効かず、
次の日の朝を迎えたころには頭を動かすことも話すこともできなくなった。
医師は細菌性髄膜炎を疑い、様々な抗生物質を試してみたものの、
ケルシーさんの症状は悪化。ついには強いけいれんを伴う発作を起こし、
旅行から帰宅して8日後に脳死にいたる。

ケルシーさんの脳脊髄液はカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究機関に送られたが、その結果「フォーラーネグレリア」と呼ばれる"殺人アメーバ"に感染

していることがわかった。このアメーバは川や温泉、池などの比較的温かい淡水を好んで生息し、人の鼻から侵入すると脳に寄生。脳細胞を急速に破壊しドロドロに軟化させ、発症すると約1週間で死に至るという。致死率は非常に高く、アメリカでの感染は1962年から2015年8月までに134例報告されて
いるが、うち生存者はわずか3名。日本でも1996年11月に佐賀県で初の感染が確認されており、25歳の女性が亡くなっているそうだ。
出典:http://www.abc15.com(TechinsightJapan編集部 A.C.)

日常的に潜む恐怖とでもいうか恐ろしい殺人アメーバーは
アメリカのみならず日本や至る所に起こりえる問題。
川はもとより温泉にも生息とは!

アウトドアで川で遊ぶときは鼻クリップをすることをお勧め!

むやみに川、温泉に顔をつけないほうがいいのでは。

朝から驚いたニュースでした!





0 件のコメント:

コメントを投稿